卵という物体には、そもそもポジティブなイメージも、ネガティブなイメージもついていない。

ポジティブなイメージやネガティブなイメージは、その人の心の中にだけ存在する。

 これが固定観念である。

 

善い卵ですね、悪い卵ですね、ということは卵自体にはついていないものである。

 まっさらな状態の卵、それが神性である。