仏法

目に映れば、見える

耳に届けば、聞こえる

これが自己自身の姿
あるべき姿であり
真実
仏法

坐れば、座布があたたまるも
あるべき姿
仏法

病気になることも
死ぬことも
仏法
あるべき姿であり
解決済みのすがた
何の問題もない

もちろん病気になれば、治療もほどこす
これもあるべき姿である。